大井川を作る 番外編1

ちょいと間隔が開きましたが、作っています。


客車と機関車は小休止していますが、
いやはや、これだけこしらえると、そろそろ走らせたいよなぁ、
なんて欲が出始めまして。。。


そんなこんなを話していると、
「レイアウト作っちゃいなよ」というお言葉。


ということで、もともとあった職場のレイアウト
画像



3時間程度でこんな感じに
画像



で、構想は、

外から見える風景と中から見える風景を変えること、
と、
逆に、外から見える風景は中から見えない、またその逆も。

という要素を取り入れ、


メンテナンスがしやすいように、すべての線路が掃除できること

と、

低速かつ定速で走行できるように、すべての路線をフラットにする。
業務中は自動運転ユニットで対応できる。


という条件を兼ね備えた大井川風レイアウトを考えてみました。
もちろん、仕事が終われば自分が遊べる要素をふんだんに取り入れwww
・ホーム有効長を超す編成でも対応できる機回し線
・千頭っぽくホームの中に機回しポイントを入れる
・適当な物を転がしておく側線を作る
・機関車5両と電車が置ける検車区
・本線走行中も構内で入れ換えができるように別配線にする
・やっぱり機関車方転させる小型なあれをメロディー流しながらまわす
・信号入れたいよね。
・ほか、あんなことやこんなことetc


構想1日(笑)



で、作成から15日後の状況です。
※はしょりすぎだよ、って突っ込まないの。
画像

右側が橋梁と川沿いの山肌を沿うように走る、外から見える側で、
左側が新金谷風駅構内と検車区で中から見える側。

真ん中を高さ35cm程度の山で仕切っています。

最終的に中側もガラス扉で覆いますので、山越から覗けなくしてしまおうと。


画像

駅構内。
右が機回し。ちゃんと構内に機回しポイントを入れております。
架線柱が少し曲がったりしてるけど、こんなんは、完成時に修正しますから。
まだ、フォリッジクラスターがゴロゴロしておりますし。


画像

杉の中をくぐる路線。
ここは横から見ると、杉で列車が見えたり見えなかったりを繰り返す
ちら見せ作戦を仕掛けております。


画像

第三橋梁風。
普通はね、この長さだと真ん中にトラス橋を入れたくなるんだけど、
あえてガーター橋4連にしたところがポイント。

おや、手前になんか写ってるって。

画像

すでに2人ばかり先客がいるみたいなので、山の上から狙いました。
※もう1人は木で見えないね。でも車が2台止まっているし。


今日、なんか来るの?


画像

いぶき風単機で試運転だって。

ということで山を下りて、
河原から狙ってみました。


さすがに今月末完成は厳しかったか。。。
木を植えるのに時間はかかるし、バラスト無くなるし。。。


時間の制約無くなったので、ぼちぼち進めますかね。
まあ、ココ2週間、毎日終電+休日も来てやってるし。


そんなこんなの日々でございます。

この記事へのコメント