大井川を作る その31(21000系編)

汚してヘッドマークを付けるとらしく見えるので、
そのままライト加工へと進んでしまいまして。


鉄コレの集電加工ということです。


先に言っておくと、

途中からとんでもなくめんどくさい状況になり、
作成記用の記録もやってらんなくなりました(笑)

最終的に、ほぼやっつけで終了しておりますので、
そんなふうな感じです。



で、台車の集電加工を。


途中やってて気づいたんですが、
動力ユニットバラしてT車化したほうが楽だったんでね?

と思いつつ。


台車にK社の集電板をあてがいます。
画像



なんかいけそう。


で、K社の台車構造っぽく穴を開けます。
画像



グリグリガリガリやって、台車枠に集電板がピッタリ合うまで調整して。


画像

こんな感じ。
車輪もK車の中空軸の短車輪を使いまして。


ばっちり。


いや、なんだか車籍も在庫も計上されていない余剰車が
一両ありまして、マイブームの"部品取り"として使われました。
画像



ライトをもいで、

ライトユニットと運転席部品をもいで、

集電板をもいで、

ライト基板もいで…


画像

はめる。


実はこの間、
グリグリガリガリを繰り返す、大工事。


でね、


画像



テールの四角い加工はご愛敬
画像



この後、M車もやったんだけど、
T車以上に面倒な難工事。


載せるのも省略。



で、その31終了。

この記事へのコメント