大井川を作る その37(スハフ42184編)

22両あるかわねの客車、ラストはスハフ42184です。



ホームから撮ったんで全体入らないんだよね(笑)
画像



画像



画像

お解りの人はうなっているでしょうが、
この客車、近代化改装しているのでトイレ窓が変わったり、
サッシ窓になっていたり、はたまた1次側と2次側で客用ドアが違うというくせ者。


という改造箇所が一番多いと言うことで後回しになっていて、
結局最後になってしまったという。。。


で、たねしゃ。
画像

K社のスハフ42ブルー。
トイレと緩急側の客用ドアを加工すれば…


と、思いきや、貫通扉の形状が違う!!


画像

運用入ってる写真探したわ(笑)
かわねは3両がいいね。おまけに35系と43系の混結で混色という。


あ、貫通扉ね。


鋼製プレスだわな。


K社のブルーのモールドは鋼製ドアなんだな。


で、たねしゃ変更。
画像

K社の茶。
結局、4つのドア、全部ぶち抜くという大工事が必要ということで。


で、ぶち抜く。
画像

ピンバイスでちまちまやってたんだが、


面倒になってきたので、


画像

電気ドリルでぶち抜く。


で、カッターとヤスリでスリスリしながらあてがう。
画像



トイレはレボのを使い
画像



ドア周り含めパテうめして、ならして。
画像

室内は近代化改装しているので灰色に塗って、室内灯は蛍光。

ジェイズの月光色使って、スエードで煤けさしてつや消し吹いて。

その前にサボをデカールで貼ってます。
洗面側の窓はナハ11から頂きました。


光ってるとサッシ窓判らないね。
画像



あぁ、ドアは
木製がT社のオハフ33で交換した残り、
鋼製は交換パーツから、

ここで、オハフ33の時に言ってた、後ほど使い道が決まっている、というのにつながっていたのです。


以上、客車22両完成!


そのうち、1両ずつ実車写真と比較して載せようかね。



その37、終わり。
まだ続くよ(笑)

この記事へのコメント